ページ
トップ

仕草でわかる相手の心理

相手の心理を知る

恋愛をする中で、相手が自分の事をどれくらい好意を抱いているのかが最も気になるポイントです。

相手の仕草で、ある程度の気持ちを察する事ができます。また、相手の心理を仕草から読み取れれば気が利くようになって恋愛もうまくいきやすくなります。

すぐに活かせる恋愛における仕草の見分け方をまとめました。

意識する仕草と無意識な仕草がある

人の仕草は意識してやっている事と無意識にやる事があります。
それぞれ性格や癖があるので、個人差が大きく仕草から相手の心理を安易に決め付ける事はできません。ここでは、比較的分かりやすい定番の仕草を紹介します。

時計を頻繁に見るのは、悪い兆候

デート中に時計を頻繁に見る仕草をするのは、その場がつまらないと感じていたり、居心地が悪いと思っているサインです。そのまま何もしないと次に繋がりません。
会話を盛り上げる努力や、場所を変えるなどの配慮をしましょう。

女性が髪の毛を頻繁に触る

髪の毛を触るのは緊張しているサインです。
心を開いていなかったり、男性慣れしていない、もしくは純粋に恋をしている相手と一緒にいるときに出る癖です。男性は女性の緊張をほぐすように積極的に話しかけてあげましょう。

まばたきが多い

男女問わず、緊張しやすく表情が正直に顔に出やすい人の特徴です。
まばたきが多い人は嘘を付くのが苦手なので、楽しい、つまらなそうなどの感情を感じ取ったら、それは本心の可能性が高いです。

鼻を頻繁に触る

鼻を触る仕草は人が嘘をつくときに出やすいと言われています。
何かの話題で突然鼻を触る機会が増えた場合は、疑いを持った方がいいかもしれません。

座ったときに手を膝の上に置く

腰掛けたときに手を膝の上に置いたり、片手でもう片方の手首を握るなど、一見行儀が良い仕草は相手に興味がなかったり拒否しているサインかもしれません。
どちらにしても、心を開いている状態ではないので慎重に次の一手を考えなければいけません。

上目使い

女性特有の仕草です。甘えていたり優しくしてほしいサインで無意識に出る時もあれば、好意を持った男性へのアピールで意識的に上目遣いを使う人もいます。

身を乗り出して話したりジェスチャーをする

身を乗り出して相手に近づくのは好意を持っていたり心を開いているサインです。
会話を聞き取れなかった時に、耳を近づけてくる事も好意を持っている可能性が高いです。
人は無意識のうちでも好きな人が相手だとちょっとした距離を縮めようとしているものです。