ページ
トップ

出会い系の歴史をご紹介

最後は「出会い系」の歴史についてです。
当然ではありますが、出会い系はIT(パソコン・インターネット・携帯電話・スマートフォン等)の普及と密接に関係して進化してきました。
そんな時代背景と併せて出会い系が現在の形に至るまでの歴史をご紹介します。中には「懐かしい!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね!

最初に登場したのは1990年代後半

90年代後半PC

まだ携帯電話は一般には普及しておらず、PCによる利用が一般的な時代でした。
ちょうどウィンドウズ95が登場し、一般家庭にもインターネット環境が整い始めた頃ですね。
主流だったのは掲示板(BBS)で気軽に書き込めることで一気に広がりました。
住んでる地域や年齢・趣味などを掲載して、気に入った男女がメールアドレスや電話番号を交換して待ち合わせをする。というスタイルでした。

99年、i-modeの登場により爆発的に拡大

i-modeの登場

この年はモバイルインターネットにとって革新的な年となりました。
あのi-modeの登場です。
そして、出会い系市場においてもこれが起爆剤となり、PCから携帯による利用に一気にシフトして行ったのです。

2000年に入り、携帯電話が一人一台の時代へ

この頃からは物凄い勢いで出会い系の需要が拡大していき、当時の新規出会い系サイト開設数は年間2000件以上とも言われていました。
中でも爆発的にネット出会いを普及させたのが「スタービーチ」という無料掲示板です。
20代後半~30代の方なら聞いたことがある方も多いかと思いますが、そのシンプルな構成や完全に無料ということで圧倒的なアクセス数を誇りました。

スタービーチ人気爆発

さらに2000年に業界初のカメラ付携帯電話「シャープ_J-SH04」が登場。カメラの横には簡易鏡が取り付けられており、自分撮り用途を意識したものでした。

翌年(2001年)、J-PHONE・シャープは「写メール」という商標でサービスを展開し、空前のブームを巻き起こしました。

カメラ付き携帯電話の登場でこれまで、文字だけでのやり取りがメインだった出会い系に「顔写真投稿」機能が盛り込まれ、さらに出会い市場に拍車をかけました。

カメラ付き携帯の登場
竹田優香

出会い系による犯罪や売春、未成年の被害、誘導目的の迷惑メールなどが大々的に問題視され始めたのはこのころからですね。

2008年、出会い系規正法改正

      2008年出会い系規制法制定で逮捕者続々

もともと2003年に施行された「出会い系規制法」ですが、2008年の改定により利用者の年齢確認方法やサクラ行為の規制などが厳格化されました。
実際にイケイケに運営していたサクラ業者は次々と摘発されていきました。

2010年頃からはユーザー満足、クオリティ重視のサービスが脚光をあびている

2008年の規制強化以来、悪質なサイトは摘発され、それを見た類似業者は摘発を恐れて撤退する。という流れが続き、自然と出会い系サイトの淘汰がされていきました。
そして2010年以降は大手が運営するクリーンで限りなくSNSに近いサイトが市場のメインになっています。最近はスマートフォンの普及によりアプリによる利用が半数以上になるようです。

PCから携帯へ、そして携帯電話は白黒から液晶。ガラケーからスマホになり、その通信速度は登場当時の数万倍高速になりました。
その急速な技術進化と一緒に現在の形まで成長してきた出会い系ですが、近年は「よりクリーンなイメージ」「ユーザー層の拡大」に力を注いでいます。

出会い系も一昔前までは雑誌広告程度でしたが、徐々に街頭看板などにも露出し、それまで存在を知らなかった人達も目にする機会が多くなりました。

世界一のユーザー数を誇るSNSとして有名なフェイスブックですら「まるで知り合いを紹介するような感じ」でタイムラインで出会い系サイトの紹介をしています。
そういったクリーンな広告のおかげもあり、今では出会い系に対する偏見もだんだんと払拭されて来ています。

竹田優香

「合コンで知り合った」と同じような感覚で「出会い系がきっかけの恋愛」も一般化される日は近いでしょう。

安全な出会い系サイトを利用しましょう!