ページ
トップ

自他ともに認めるコミュ障。

「他人と話したいけど、会話に途切れた時の沈黙が怖い…。」「出会い系サイトで出会った人と、ネット画面では楽しく会話ははずむけど、実際会ったら何を話せばいいか分からない!」という男性は多いのではないですか?

ましてや相手がリアル女子。好きなタイプの彼女だったらなおさらでしょう。

人差し指を立てる女性

大丈夫、安心して下さい。会話は料理と同じです。
美味しいスパイスを適度に効かせれば、最後には美味しく仕上がるものです。
決め手となるスパイスはたったの5つ。
この5つの法則を覚えれば、あなたも恋愛料理の達人になれます。

今回は、これだけ覚えれば会話は繋がる!気まずい空気を作らないための5つの法則をご紹介しましょう。

食べ物の話

人間、食事をしない人はいません。
食べ物の話題は万人向けのキーワードです。
食べ物ネタはいくつか用意しておきましょう。

パンケーキ

最近流行のパンケーキが美味しいお店、季節限定のスイーツが人気のお店などは、デートの前にネットで調べておくと役に立ちます。

ちょっとした沈黙を破るには、「昨日の夕飯、何を食べました?」という様な、相手から必ず返事が返ってくる対話を心がけて下さい。

相手を褒める

会話に詰まったら、何でも良いから相手の持ち物をチェックしてみて下さい。

白いブラウスを着ていたら、「白が似合いますね」可愛いバッグを持っていたら、「そういうバッグって、どこで買うんですか?可愛いですね。」ととにかく相手を褒めましょう。

人は褒められると饒舌になりますから、相手にしゃべらせて情報を聞き出して下さい。
相手がしゃべった会話の中からまた相手を褒めて質問を繰り返す、これをさりげなくマスターできると、会話はスムーズに進みます。

ちょっとタイム

相手と会話がどうしても弾まない、気まずい場合はちょっとタイムを使いましょう。

空気の流れを変えるためにトイレに行って作戦を立てて下さい。
サクッとネットを検索して、時事ネタを仕込んでもいいでしょう。

相手を長く待たせるのは失礼です。
席に戻ったら、「すみません」と詫び、「そういえば~」と時事ネタを披露して下さい。
相手が必ず知っている記事を話題にしましょう。

いかのおすし

イカのお寿司

会話は「いかのおすし」でネタを用意しておきましょう。
空気を読んで、その場にふさわしい会話を選んで下さい。

い=いやらしい話

か=悲しい話

の=相手の話

お=面白い話

す=素晴らしい話

し=自分の話

相手に質問する

「コレはどう思う?」「肉と魚はどっちが好き?」
たわいない会話が続けられるように、あらかじめ頭の中で質問を用意しても良いでしょう。

気まずい空気になりそうだったら、相手に質問をして相手にしゃべらせる事です。
「別に、フツー」とスルーされない質問を考えておいて下さい。
会話は情報の多さと事前の努力で変わります。

面白い人は色んな話を知っています。
そして自分で知識を披露した後、必ず相手に発言させるのです。